Top page  1/30

お試し浣腸はどう?


20200918221147bee.jpeg




お前はどんなプレイが好き?



教えなさいね。



もし、まだないなら、浣腸からしてみない?




20200918224813f78.jpeg




10/31まで個人イベント中です。


お試し浣腸できるよ。




20200916225437ec4.jpeg

個人浣腸イベント開催!!!



9/17(木)〜10/31(土)まで
個人イベント開催です。




浣腸がメインのプレイの方は
プレイ料金から¥4000 OFFになります。
(60分だけは¥3000 OFFです)




60分 ¥17000 → ¥14000

90分 ¥25000 → ¥21000

120分 ¥33000 → ¥29000

150分 ¥40000 → ¥36000




それ以上の時間も¥4000 OFFになります。


浣腸がメインのプレイとは
浣腸だけではなく、
浣腸とアナル、浣腸と乳首、浣腸とブジー、
浣腸と顔騎、浣腸と黄金 等
浣腸があればどのプレイでも¥4000 OFFにできます。
もちろん浣腸のみでも大歓迎です。



浣腸の種類は私が持っているのであればどの浣腸でも大丈夫です。使ってほしいものを自分で持ってきてもいいよ。



アナルのみや、アナルと乳首、ブジーとアナル 等
浣腸なしのプレイでは通常料金になりますので
ご了承ください。


お電話予約時や、システム予約時に「浣腸イベント」と言っていただけたら適用されます。


私個人イベントなので、他の女王様には適用されません。
また、他の女王様の個人イベントも私には適用されませんのでお間違えなく。



浣腸やりまくりましょうね。楽しみ。楽しみ。



20200916225437ec4.jpeg

ホテルについて。



当店は派遣型で店舗型ではありません。
プレイをする際には
ラブホテルに入室していただきます。
プレイ料金+ホテルのお部屋料金になります。


ビジネスホテル、
自宅への派遣は行っておりません。



交通費が無料のホテルは
名古屋地下鉄 東山線 新栄町駅周辺の4つのホテル。

2020091423135208c.jpeg



リュクスだと、お部屋の割引券を持って行きます。
少しお得になるのでオススメです。


他の場所の
ホテルは交通費がかかりますのでご了承ください。


202009142317422c2.jpeg




各ホテルと提携はしていませんので、
ホテル込みのコース料金等はありません。


当店からホテルへお部屋の予約等もできないので
その時に空いてるお部屋を選んで入室くださいね。


各ホテルのHPリンクはFACEのHPに飛んでください。
https://www.sm-face.com/html/system.htm


わからない事があれば
システムからメールか、お電話くださると
スタッフさんが答えますよ。



ラブホテルで快適に楽しくプレイしましょうね。


20200914232402ecb.jpeg

イチジク浣腸

CATEGORY浣腸
20200912005605411.jpeg




イチジクを大量にやってほしいというのが僕の希望だ。


めい様は心良く引き受けてくれた。



「じゃあ一緒に数えていこうか。」


僕はあお向けに寝るよう言われた。
めい様は僕の目を見て、イチジクをひとつずつ見せながら挿れていく。


「まず1個ね。」


イチジクが入ってきて1回で入りきらなかった残りの液もブチュブチュブチュと音を立てる。


「あれ?いーちは?」


「あ?え?…………いーち!」


「一緒に数えようって言ったのにな〜。はい、1個目いくよ。」


またイチジクが入ってくる。
今度はしっかり数えた。


「ふふふ。そうそうそう。一緒に数えようね〜。2個目ね。」


「にーぃ!」


入ってくるイチジクに合わせて数を数える。


「ふふふ。次3個目。」


「さーん!」


「何個入るのかな〜。私が今日持ってるイチジク全部入るかな〜?」


全部と聞いてゾクゾクしてしまった。10個以上はあるだろう。そんなに入るのか………でも、入れてみたい。イチジクを入れる時の楽しそうなめい様の顔を見ながら心の中にたぎりを感じた。


「よーん!」


「ごー!」


「ろく…!」


それは6個目が入った所だった。急にお腹の内側の便から「もう出るもう出るもう出る!」と腸壁をコンコンコンコンとノックをされてるような感覚がきた。


「……あ、きたきたきたキタキタキタキタ……!!!!もうトイレ行きたいです!」



「ふふふ。トイレ行こうか。」


すぐに行かせてくれそうだったので僕はトイレに走り出しそうになったが、めい様がグッと手を握ってきたので走り出せなかった。
そして、めい様が意地悪そうな顔でトイレの前に立ち塞がった。


「ふふふ。まだ通さないよ〜。」



僕は漏らさないでいられるのだろうか………。



20200912202103c88.jpeg

 

全部で7個だったね。もっと入れれると思ったのにな〜。でも我慢してる姿がとってもかわいくて楽しかったよ。限界まで我慢してくれてありがとう。萌えました。またね。




持ち帰り聖水・黄金

CATEGORY聖水・黄金
202009102144287fa.jpeg





めい様の聖水と黄金を持ち帰るため、タッパーを持って来た。
どれくらいの量が出るのかわからないので、入りきらず無駄にしないようにと考えて、めい様にこんなに持って来たの!?とびっくりされるほど、ジャムの空き瓶やタッパーを大量に揃えた。


「黄金が出る様子を近くで見てもいいですか?」


僕は勇気を出して聞いてみた。



「ふふふ。いいよ。間近で匂いも堪能するといいよ。」


めい様はにこやかに笑った。



お尻の真下にタッパーを用意して、聖水も一緒に出ちゃうそうなので、空き瓶は前の方に横付けしてセッティング。
タッパーの後ろの方には僕の顔を横付けしてセッティングした。


「出るよ〜。」



めい様が力んだと思ったら、健康的な黄金がぶりんっと出てきた。


その光景を、しかと目に焼き付ける。一瞬たりとも瞬きはできない。視覚から興奮が与えられている中、ふわっと黄金の香りが鼻を包んでくる。


香りを楽しむのも束の間、聖水はどんどん瓶へ注がれ溢れそうなくらいだ。替えの空き瓶を用意し、どんどん注いでいただく。



「ふふふ。聖水いっぱい出るね。空き瓶全部いける気がする。あ、黄金もうちょっと出るかも。」


黄金が出終わった後、聖水が出るのも目に焼き付けていた僕は、急いで目線をお尻の方へ。


2回目の黄金は、さっきより小さめだったが、タッパーがいっぱいになった喜びでとても嬉しい。


空き瓶は持って来た分全て聖水でいっぱいになった。


「ふふふ。帰ってからの楽しみができたね。」



とめい様は笑う。僕はさっき目に焼き付けた光景と黄金の香りを思い出してこれからオナニーに励む。





いっぱい容器持ってたから、いっぱい出せるか心配だったけど、ちゃんといっぱいにできてよかった。持ち帰った後どうしてるのか次回教えてほしいな。ありがとうね。